トップに戻る

JAZZ ROCK EXPERIENCE / LET YOURSELF GO

  • 新品
JAZZ ROCK EXPERIENCE / LET YOURSELF GOのアナログレコードジャケット
商品情報
 
        
  • プレス国 : GER
  •     
  • フォーマット : LP
  •     
  • ジャンル : JAZZ
  •  
コンディション
  • レコード :  N
  • ジャケット :  N
レーベル / メーカー
SONORAMA
ジャンルリンク
JAZZ FUNK  FUSION / JAZZ ROCK
アーティスト / メーカーリンク
JAZZ ROCK EXPERIENCE

スイスのジャズ・シーンで異才を放った電化ジャズ・ファンク/ジャズ・ロック・グループによる1969/70年録音未発表ライヴ&スタジオ音源が世界初音盤化!東欧の民謡やフォークをも飲み込んだ名セッション。

メーカー・インフォメーション


■The Remo Rau Quintetで活動を共にしてしていたブルーノ・スポエッリ(ts/ss)とハンズ・ケネル(tp)が中心となり1969年頃にチューリッヒで結成されたジャズ・ロック・エクスペリエンス。それまでのハード・バップ~フリー・ジャズ・スタイルから脱し、東ヨーロッパの民族音楽やアメリカのブルース、ジャズ・ロックの要素を取り入れながら新たな音楽性を目指したグループで、スイスでいち早く電化サックスを導入したパイオニアだった。メンバーはスペッリ、ケネル、デイヴ・リー(el-p/clavinet/vibes)、ラファエル・ウェーバー(g)、ハンズ・フォレッティ(b)、ケニー・シュミット(dr)の6人編成、さらにジョナス・へフェリー(fl/perc)とフレディ・マイアー(ts)を加えた8人編成という布陣。

■本盤は1969~70年に残されていた未発表ライヴ音源/スタジオ・セッション音源を10曲(LPは7曲)収録。The Ramo Rau Quintet時代の作品「The Starter」から、ハンズ・ケネルのぺんによる「Blues No Blues」、スポエッリが映画のサントラ用に書いた「Get Out Of Here」、東ヨーロッパの民謡「Krivo Sadovsko Choro」、米国霊歌「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」、レッドベリーのブルース「If It Wasn’t For Dicky」、そしてジェイムズ・ブラウン「Let Yourself Go」までヴァラエティに富んだ選曲で、彼ら特有の電化ジャズ・ファンク/ジャズ・ロック・サルンドがたっぷり楽しめます!

試聴 / 収録曲目

  1. If It Wasn`t For Dicky
  2. Krivo Sadovsko Choro
  3. Blues No Blues
  4. Cheyenne
  5. The Starter
  6. Sometimes I Feel Like A Motherless Child
  7. Let Yourself Go
売切れ

電話注文

Tel.082-246-7983

*ご予約はカートからのみ。

11~21時受付。下記、商品番号をお伝え下さい。

商品番号 : 81474

RANKING

人気ランキング